雪止めは必要?

3月に入りましたが、雪がまだまだ多い岩手です。

雪が多い地域だと、雪止めは必要かどうか考えておかなければなりません。

豪雪地域は、雪下ろしの邪魔になったり、雪の量が多すぎると

屋根の上に数メートルもの雪が積もり、

雪止め金具が曲がりやすくなるので、あまりオススメしません。

 

軒先に植木やカーポート、隣地との境界線が近くにある場合は必要になります。

雪の重さは思った以上にあり、カーポートや植木は折られ、

人に落ちれば死につながることもあります。

隣のカーポートや車などに実際の被害があるときはトラブルになりかねません。

 

rinsetsu1-600x402[1]

※雪止めがなく、隣の敷地に雪が落ちた場合

落雪が隣の敷地に落ちる可能性がある場合、雪止めをした方が良いです。

ほかに、雪止めがあると雨樋の破損を防ぐこともできます。

雪止めネットなどもあり、後付けできることも可能です。

雪の多い岩手、新築時には雪の影響がどのようになるのかも

合わせて考えたいですね。