坪単価って何??

みなさんこんにちは(^^)

今日は坪単価についてお話していきます!

シュガーホームにご来店いただくお客様より、

「坪単価はいくらですか?」

という質問をよくいただきます。

建物の金額の比較となる坪単価ですが、

実は、坪単価だけで「高い」「安い」を判断することはできません。

では、坪単価とは何なのか、どうやって決まるのか等をお話していきたいと思います!

 

★坪単価の基本

坪単価とは、建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに

建築費がいくらかかっているかを算出したものです。

例えば、本体価格1,500万円で延床面積が30坪の家なら、

1,500万円÷30坪=50万円

という計算になり、坪単価は50万円ということになります。

 

ここでポイントになるのは、

住宅会社によって坪単価の出し方が違うということです!

坪単価を出すための建物の本体価格に、照明器具やエアコン、

住宅設備の金額を含めている会社もあれば、含めていない会社もあります。

坪単価が、A社では50万円、B社では40万円、と聞くと

B社の方が安いと思うかもしれませんが、よく話を聞いてみると、

住宅設備は含まれていない金額だったということもあります。

 

このように、坪単価の出し方には共通のルールがないため、

一概に建築費の高い安いを比較する材料には出来ません。

もし、坪単価で比較するのであれば、

照明や住宅設備などを含めた、同じ条件での坪単価を聞いてみてくださいね!

 

★延床面積と坪単価

住宅は大きいほど本体価格が上がり、コンパクトな家ほど本体価格は下がります。

ところが、坪単価の場合、延床面積が小さくなると坪単価が上がる傾向にあります。

延床面積が減れば、材料費や施工費が減って本体価格は下がりますが、

坪単価は変わらないのでは?と思うかもしれません。

実は、家の大きさが違っても住宅設備や諸経費の金額は変わらないため、

坪単価は高くなってしまいます。

そのため、同じ住宅会社で建築しても、建物の大きさによって坪単価は変わってきます。

 

これから坪単価を聞くときには、坪単価に含まれている金額、

本体価格と坪単価の違いも参考にしてみてくださいね(^^)