HOME > シュガーホームの商品 > こだわりのハイパースケルトン構造

こだわりのハイパースケルトン構造

こだわりのハイパースケルトン構造

10のこだわり

[その1]ウレタンフォーム断熱 [その1]ウレタンフォーム断熱

softy 材質的に自己接着性があり5面体接着で、湿気も吸わない素材です。湿気や自重により垂れ下がりの心配がありません。また、接着により気密効果も絶大です。
壁は面積も広く、一番外部影響が受けやすいところです。

[その2]グラスウールブローイング [その2]グラスウールブローイング

天井ブロー 施工 通常は袋に入ったグラスウールを大工さんが手で敷いていきます。
しかし、天井裏というのは非常に足場が不安定で凹凸もあり、隙間や柱の部分などに隙間なく充填するのは難しく、熱欠損の原因になりやすいため隙間なく平らに施工することが必要です。
また、水平に施工するため自重による垂れ下がりの心配はありません。そこでコストバランスの優れたグラスウールのブローイングとします。

[その3]壁合板がダイライト施工 [その3]壁合板がダイライト施工

耐力壁(ダイライト)_R 壁は通常構造用合板が一般的ですが、シュガーホームは耐火性・耐震性・耐久性・防蟻性の向上を目的に大建社の「ダイライト」を標準仕様としています。

[その4]1階吊天井 省音施工 [その4]1階吊天井 省音施工

防振吊木による吊天井構造 2階床の振動や音が1階天井に伝わりにくくするために、グラスウール50mmと、防振吊木による吊天井構造になっています。

[こだわり5]根太レス工法でたわみ、床なりを減少!! [その5]根太レス工法でたわみ、床なりを減少!!

根太レス工法通常は12~15mmの合板と根太との組み合わせによって施工しますが、合板を厚くし大引を増やすことで床剛性が上がりたわみが減少します。また、木接触部分も減り床なりの原因も減少されます。

[こだわり6]床束にこだわり、たわみを減少! [その6]床束にこだわり、たわみを減少!

床束 通常は1,365mmピッチで束施工しますが、ピッチを狭くすることで床のたわみが少なくなります。将来の木部の変化にもメンテナンスしやすくなります。2間×4間の16畳のLDKで通常5個ですが、シュガーホームは21個施工します。

もっと詳しく

[こだわり7]150mmで10年長持ち基礎! [その7]150mmで10年長持ち基礎!

基礎幅15センチ_R 一般的には40~50年と言われているコンクリート酸化が、シュガーホームの基礎は50~60年!(酸化スピード年1mm)
基礎中心部の鉄筋の酸化を10年長く守ります♪

[その8]防湿コンクリート100mm厚で強固な叩き! [その8]防湿コンクリート100mm厚で強固な叩き!

基礎幅15センチ_R防湿コンクリート仕上げであれば60mmが一般的な中、約2倍の100mm厚を標準採用で防湿効果はもちろん、耐荷重も増し更に強固な叩きになります♪

[こだわり9]防湿フィルムと防湿コンクリートのW防湿! [その9]防湿フィルムと防湿コンクリートのW防湿!

砂押さえでは防湿シートの繋ぎ目からの湿気、シロアリ、耐久性…など色々な問題がありました。 そこで、防湿フィルム+防湿コンクリートの組み合わせで耐久性はもちろん、防湿効果を更に強化しました♪

基礎幅15センチ_R
基礎幅15センチ_R

雪国岩手はⅡ地域という地域に該当します。これは、地域によって断熱性能の基準が変わってきます。 ちなみにシュガーホームの建物は、Ⅱ地域の中でも最高基準をクリアした『次世代省エネ基準対応住宅』を全プラン標準でご提案しています♪

[その10]Ⅱ地域基準の高気密・高断熱仕様 [その10]Ⅱ地域基準の高気密・高断熱仕様

床・壁・天井の断熱性能を雪国岩手に建築することを前提にしていますので、次世代省エネ基準としています。また、気密シートや断熱材の組み合わせにより高気密とし、建物内部の環境を外部環境から影響を受けにくい住宅です。 1年を通して快適に、かつ冷暖房費も削減できるように設定しています。

基礎幅15センチ_R

ちなみに・・・
シュガーホームでQ値を計算したら1.65でした!これはⅠ地域の次世代基準値に迫る結果です♪
正しいモノを正しく使って岩手の冬でも安心して過ごせます(☆ー゚)

page-top
Copyright © SugarHome All Rights Reserved.