省エネ住宅について【盛岡・紫波・矢巾・雫石】

岩手県盛岡市・紫波町・矢巾町・雫石周辺で

新築住宅をお考えのみなさんこんにちは(^^)/

グリーン住宅ポイント制度の対象にもなっている

【省エネ住宅】!!

省エネ住宅、と聞いて皆様は高気密・高断熱住宅という、

漠然としたイメージを持つのではないでしょうか。

地球に優しい住宅というのは分かるけど・・

具体的にどんなメリットがあるか分からない・・

そんな皆様に、今回は【省エネ住宅】について詳しくお話したいと思います。

 

■現代の省エネ住宅とは

一般住宅での毎日の生活に使用される暖房や給湯、その他の家電製品などの

消費エネルギーを少なくするように設計された住宅を指します。

ただ高断熱住宅といっても断熱工法の違いや、断熱材も様々です。

最近では断熱だけではなく、遮熱という現象を活用した遮熱材料を住宅に用いている

住宅メーカーもあります。

 

■省エネ住宅のメリット

 

家の中の温度差が小さい

省エネ住宅では、屋根や壁、床などに断熱材が使用されており、

熱伝導を少なくする工夫がなされています。

また、気密性が優れており、外気の熱さや寒さなどの気温の変化の影響を

最小限に抑えることもできます。

そのため、家の中の上下の温度や各部屋の温度差、

季節による温度差が小さいというのがメリットにあげられます。

 

空気がきれい

気密性が高いのが省エネ住宅の特徴の一つですが、

そのままでは空気が外に出ていかずよどんでしまうという可能性があります。

現在の省エネ住宅では、室内の空気汚れを効率よく排出する計画換気システムが

採用されていますので、いつでも空気がきれいであるというメリットがあります。

 

冷暖房の節約につながる

寒い冬も暑い夏も、外気の影響を受けにくいので、冷暖房費があまり

かからないというメリットがあります。

 

健康に良い

各部屋の温度差が少なく、ヒートショックの原因のひとつを断つため

健康にもいい影響を与えます。

 

遮音性が高い

省エネ住宅では、家全体の気密性が高いので、

外からの騒音を低減します。また、家の中の音も外へ漏れにくくなっており

優れた遮音性が特徴となっています。

 

耐久性が高い

高気密、高断熱のため、適切な換気計画と結露防止の壁体内通気対策により

構造部分の腐食もおさえられるため、家全体の耐久性が高いのが

省エネ住宅のメリットのひとつです。

また、耐震性(地震)、耐風性(台風)も高いので安心して

長く暮らすことができます。

 

このようなメリットがある省エネ住宅ですが、

内断熱工法と外断熱工法の二つがあります。

内断熱工法・・・・・・・・・・

柱と柱の間などに断熱材を入れる工法で、袋入りのグラスウール断熱材を

使った施工は広く一般的に採用されています。

 

外断熱工法・・・・・・・・・・

建物全体を構造ごとに断熱材で隙間なくすっぽりと包み込むことで

断熱性報を確保する工法です。

 

シュガーホームでは、内断熱工法を使って、皆様のお家を作り上げています♪

省エネ住宅を建てる方が多くなっている今、

国の経済対策として住宅取得に関する様々な保証制度が出てきています。

以前ご紹介したグリーン住宅ポイント制度もその一つです。

環境に優しく、自分たちもお得に生活ができる【省エネ住宅】

今一度お考えになってみてはいかがでしょうか?

 

シュガーホームの展示場や建売物件のご見学もお待ちしております(^^)/

 

 

↓ イベント情報はこちらをクリック ↓

↓ Instagramも更新中♪ ↓